久留米大学医学部に強いプロ家庭教師による入試対策解説

久留米大学医学部
入試傾向と対策ポイント  2014

学力が届いていなくても、
久留米大学医学部に合格させます

私立医学部受験の場合、大学ごとに入試傾向は全く異なります。
つまり、どの医学部を受験するかによって、取るべき入試対策も全く異なるということです。そして、的確な入試対策をするためには「情報」がとても重要です。
そこで、このページでは、久留米大学医学部の入試傾向と、科目ごとの対策のポイントをまとめました。合格圏内にまだ届いていない方にとっては、必ず役に立つ情報があるはずです。ぜひ参考にしてください。

久留米大学医学部に受かるには? 教務

出題傾向と対策

一次試験

▼クリックすると、科目別の傾向と対策をご覧いただけます。

英語English

久留米大学医学部  英語対策

文法・語法の問題はかなり難問です、ハイレベルな問題演習をしておきましょう

[出題範囲・内容・難易度]

長文読解では、内容合致、和訳、空所補充が出題されます。発音・アクセント問題は例年必須です。会話文も例年出題されていましたが、2012年はありませんでした。文法・語法関連では、短文完成、誤文訂正が出題されます。英作文は、自由英作文ではなく、整序や和文英訳になります。
長文読解の長さは短めですが、求められる語彙レベルは高度です。文法・語法関連でも、動詞の語法・文構造が深く理解出来ていることが求められるので、全体的に難度は高めです。

[出題量・形式]

解答形式は、記述式とマーク式です。制限時間に対し、問題量は多めです。

[対策]

例年出題形式が変わらないので、過去問を中心に対策するのが最も効果的です。久留米大学の過去問を解くのはもちろんのことですが、過去問に出ている問題の類題も解くようにしましょう。他大学の読解・文法語法問題を参考にすると良いでしょう。
文法・語法の問題はかなり難しいので、かなりハイレベルな演習をしておいた方が良いです。
全体的に語彙レベルの高い問題になっているので、語彙力はしっかり養成しておきましょう。
毎年、1~2題、かなりの難問が出題されます。この難問は、英語が得意な人でも間違える可能性が高い問題です。無理して難問を出来るようになるより、その他の問題を解けるように対策して下さい。
また、文構造はきちんと把握できるようにしてください。

数学Mathematics

久留米大学医学部  数学対策

基本・標準問題が中心。問題量が多いので時間配分には気をつけましょう

[出題範囲・内容・難易度]

試験範囲から幅広く出題されますが、数学Cの確率・行列は例年出題がありません。対して、数学Ⅲの積分は必出です。基本・典型問題が多いため、難度は標準的です。

[出題量・形式]

大問数は7~9題です。出題形式は、穴埋め式です。制限時間に対し、問題量が多いので、90分の時間内に解き終わるのは難しいと言えます。

[対策]

基本・典型問題が目立つので、まずは出題範囲の基本~標準レベルの問題を一通りこなすことが大切です。
ただ、問題量が多いため、時間配分には気をつけて下さい。問題を解くスピードと正確性を高めておくことも重要です。基本・標準問題は、すぐ解答が頭に思い浮かぶようにして、短時間で解けるようにしましょう。
また、問題自体が難しくないため、かなりの高得点が必要になります。ケアレスミスが命取りになるので、計算ミスで点数を落とさないようにして下さい。
中学数学のような文章題が出題されることもあります。文章題に苦手意識がある場合は、中学数学の方程式の文章題を見直しておくようにしましょう。

化学chemistry

久留米大学医学部  化学対策

典型的な標準問題が多いです。まずは教科書学習を念入りに行いましょう

[出題範囲・内容・難易度]

ほとんど全範囲からまんべんなく出ます。受験問題としては、標準的なレベルの問題がほとんどです。

[出題量・形式]

毎年、大問4題の出題です。解答形式は記述式と穴埋め式です。

[対策]

受験によく出題される典型的な標準問題が多いので、まずは教科書を一通り学習するのが良いでしょう。基本をしっかり固めた後、受験用問題集や予備校テキストで問題演習を重ねて下さい。解答を丸暗記するのではなく、解法の手順や原理・原則などを理解することが重要です。
典型・定番問題は、確実に得点できるようにしておく必要があります。そこで得点できるかできないかで、点差が大きく開くことになります。
また近年、生活・生命に関する内容も出題されているので、念のために押さえておくようにしてください。

生物Biology

久留米大学医学部  生物対策

実験例題や法則に関する実験は、しっかりと押さえておきましょう

[出題範囲・内容・難易度]

特定の分野から出題され、出題内容には偏りがあります。例年、細胞・生殖と発生からは出題がありません。対して、遺伝とDNAは頻出です。実験に関する問題が目立ちます。
分野に偏りがあるため、苦手分野が出題されると致命的ですが、問題の難度は低めです。

[出題量・形式]

大問数4題の構成です。解答形式は、記述式・穴埋め式です。

[対策]

毎年、出題分野に偏りがあるため、苦手分野を作らないようにしておくことが大切です。苦手分野が多く出題された場合、得点ができなくなってしまうので一気に合格が遠のきます。
各問題、基礎・基本的なものが多いため、まずは教科書でひと通り、基本を固めることが大切です。重要な生物用語などは、正確にしっかり覚えておきましょう。
また、実験例題や法則に関する実験は、必ず押さえるようにしてください。ケアレスミスが命取りになるので、計算ミスなどで失点しないようにしましょう。そのために、計算練習もしっかり行い、スピーディで正確な解答ができるようにしておいて下さい。

物理Phisics

久留米大学医学部  物理対策

標準問題中心、高得点の争いになります。取り組む問題の優先順位づけが大切

[出題範囲・内容・難易度]

力学、電磁気、波動、熱力学が出題されます。原子からの出題はありません。基本~標準問題で構成されており、難度は標準的です。

[出題量・形式]

大問数は3題です。2012年の出題形式は記述式です。問題量がやや多いので、制限時間内に解き終わるには、工夫が必要です。

[対策]

時間配分には、気をつけて下さい。単純に前から解いていくと、制限時間内に解き終わることは難しいと言えます。時間のかかる問題や解き慣れない問題は後回しにするなどして、手早く解答できるようにしておきましょう。どの問題から優先的に解いていくかを考えることが重要です。
問題集は、標準~やや難度の高い問題も取り上げられているものを選びましょう。やや難度の高いレベルの問題までしっかり解けるようにしておけば、高得点も期待できるはずです。
ただ、難問ばかりに時間を取られる必要はありません。まずは標準までをきちんと固めることです。そして、標準問題・定番問題に関しては、手早く問題を解けるようにしておくことです。それができた上で、難問には取り組むようにしてください。

小論文Shortessay

久留米大学医学部  小論文対策

[形式]

800字程度の記述、制限時間は60分です。あるテーマに関し、自分の考えを述べる内容です。

[出題内容]

これまで取り上げられたテーマは、2012年度「医科大学病院の理想像」、2011年度「医療のIT化」、2010年度「高齢者介護」、2009年度「高齢者に関する医療」、2008年度「医師像」についてです。いずれも、医療・医師に関するテーマとなっています。

[対策]

医療関係のテーマに関し、幅広く深い知識を持っていることが必要です。また、テーマに関して、自分なりの意見を持っておくことも重要になってきます。
医療関係のニュースについては、常に自分の中で考え、意見を持つようにして下さい。また、重要な専門用語はきちんと覚え、意味まで把握するようにしましょう。
書き出す前に、骨組みをしっかり決めることが大切です。

面接Interview

久留米大学医学部  面接対策

[形式]

個人面接10~20分です。

[出題内容]

面接の質問内容は、医師の志望理由、併願校について、高校生活について、趣味についてなど、オーソドックスな内容が多くなっていますが、医療への関心が本物であるかどうかを問う質問もあります。特徴的なものとしては、「座右の銘」や「九州と聞いて思い浮かべるもの」「体力に自信があるか」などが上げられます。

[対策]

オーソドックスな質問に関しては、予め答えを用意しておいて下さい。
また、医療に関するタイムリーな話題や、現在社会的に問題になっていることには注意を払うようにしましょう。
時事ニュースに関して、自分なりの意見を持っておくことも大切です。

久留米大学医学部に強い
プロ家庭教師をご紹介します

医学部受験はあらゆる受験のなかで、もっとも難易度が高い受験のひとつです。
それだけでなく、私大医学部の場合、大学ごとに傾向も対策も全く異なります。対策するにはかなりの専門性・経験が必要です。

医学部メガスタディには、久留米大学医学部に実績のある「医学部専門のプロ家庭教師」が在籍しています。
医学部専門のプロ家庭教師なら、英語、数学、物理、化学、生物、小論文など、科目ごとに久留米大学医学部の傾向に合わせた入試対策が可能です。実際に、毎年数多くの受験生を医学部に合格させています。

首都圏最大級の合格実績を出している私大医学部専門・メガスタディのプロ家庭教師

もし現在、合格圏内に偏差値が届いていない方は、医学部受験の専門家(プロ家庭教師)に頼るという選択肢もぜひご検討ください。

入試に限らず、専門的なことは、専門家に任せた方がいい結果が出やすいからです。また、予備校では個別対策は期待できませんし、自力での対策にはどうしても限界があります。

久留米大学医学部専門の入試対策
  • 入試傾向を分析した上で、合格への最短ルートの対策を立てます
  • 合格に必要なこと・不要なことを取捨選択し、
    優先順位をつけます
  • 英語、数学、化学、生物、物理、小論文、
    各科目の専門家が対策します
  • 最終的に、本番で入試問題をとけるようにします

ご興味をお持ち頂いた方は、まずは、私たち医学部メガスタディの資料をご請求ください。 また、お急ぎの方は、フリーダイヤルより直接お問い合わせ頂ければ、スムーズにご案内できます。

お問い合わせ資料請求
0120-542-600
優先予約
トッププロ家庭教師による医学部科目別対策
医学部合格の喜びの声 化学の偏差値が10伸びました 物理の偏差値33から医学部合格
pagetop

年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら下記の日程を年末年始休業とさせて頂きます。ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。
年末年始休業
12/28(日)~1/5(月)
休暇中のお問い合わせには、1月6日(火)以降にご対応させていただきます。宜しくお願い致します。

優先予約
首都圏唯一の私立医学部専門プロ家庭教師です!私選ばれる5つの理由とは?
高2生以下のための私立医学部・早期対策
プロ講師が語る「科目別対策」
合格体験記
高校別対策
「センター利用入試」の5つの基本知識
長文英語対策スーパーSIM

医学部 大学別対策

  •  慶應大医学部
  •  東京慈恵医科大
  •  順天堂際医学部
  •  日本医科大
  •  昭和大医学部
  •  東邦大医学部
  •  東京医科大
  •  日大医学部
  •  杏林大医学部
  •  東京女子医科大
  •  北里大医学部
  •  東海大医学部
  •  埼玉医科大
  • 聖マリアンナ医科大
  •  帝京大医学部
  •  獨協医科大
  •  その他の大学は一覧へ
家庭教師の募集はこちら

Copyright © 2014 igakubu-goukaku.net All Rights Reserved.