• HOME
  • >
  • 合格圏外から私立医学部に合格するためには

医学部を目指す高3生・浪人生の方へ 合格圏外からでも、私立医学部合格させます

私立医学部受験専門・プロ家庭教師メガスタディのサイトにお越し頂きありがとうございます。
このページでは、現時点で希望の医学部に学力や偏差値が届いていない合格圏外の受験生が合格できる方法についてお伝えしています。

このままでは希望の学部に入れそうにない 予備校でなかなか成果が出ない 苦手科目が克服できない
							何年も浪人している なんとしても医者になりたい

という状況の受験生にはかなり参考になる内容ですので、ぜひ最後までお読み頂ければと思います。

合格圏外にいる受験生が、私立医学部に合格するには?

ではさっそく本題にいきましょう。
言うまでもなく、私大医学部受験は、数ある受験のなかで最も競争の厳しい受験です。

様々な理由がありますが、ハードルが高い理由は、単純に入試問題が難しいことだけではありません。

・受験者数が10万人に迫るほど、近年の医学部人気の高まり
・4科目(英語・数学・理科2科目)+ 小論文・面接など、やることが多い
・一般入試では30倍、センター利用入試では50倍を超えるほどの高倍率

といった状況から、最近では「東大よりも医学部に入る方が難しい」とも言われています。

また、それぞれの教科でやるべきこと・覚えることは大量にありますが、入試本番までの時間は限られています。

そのため、中学生、あるいは小学生といった早い時期から、医学部を目指して勉強している人も少なくありません。

こうした、医学部受験というハードルの高さや、周りの受験生のレベル・入試本番までの時間を考えると、現時点で、合格圏外にいる受験生が合格を勝ち取るためには、普通に勉強しているだけでは難しいといえます。

今から医学部に間に合わせるためには、医学部合格のための最短ルートを通ることが必要です。

ここからは、最短ルートで医学部に受かるために、必要なポイントについてお伝えしていきます。

最短で医学部に合格するために・・・

まず、最優先で取り組まなければいけないことは、できるだけ早く苦手を解消することです。
医学部受験の場合、1つでも苦手科目があると入試本番で命取りになってしまうからです。

そのためには、自分の苦手科目に、集中的に取り組む必要があります。

ですが、「頑張って勉強しても、思うような成果がでていない」という場合、

・苦手科目(分野)はあるが、十分な対策ができていない
・塾・予備校のカリキュラム通り勉強し、苦手科目以外にも時間を割いている

という受験生は非常に多いです。

特に、予備校などで集団授業を受けている場合は、この傾向が顕著です。

なかには、比較的、少人数の塾・予備校もありますが、集団授業であることに変わりありません。

周りと同じ授業を受けていると、どうしても無駄な時間が増えてしまい、自分にとって本当に必要な勉強に集中することは難しくなります。

入試本番までの時間は限られているため、こういった非効率的な勉強を続けるのは非常にもったいないです。

ですので、とにかく早く苦手を克服するためには、自分の苦手な科目・分野・問題に集中的に取り組める、完全1対1の指導が最適と言えます。

大学ごとに合わせた医学部対策

合格圏外から最短で医学部に合格するために、もう一つ大事なことは、志望する私立医学部に合わせた対策です。
これが最も重要になります。

そもそも、私立医学部には、「大学(医学部)ごとに傾向が大きく異なる」という大きな特徴があります。

例えば、数学を例に挙げてみましょう。

順天堂大では、公式の証明問題が必ず出題されます。昭和大では、他大学ではほとんど出題されず、学校や予備校でもほとんど扱われない「確率と確率分布」の問題が高頻度で出題されます。北里大・聖マリアンナ医大では、「行列」の出題頻度が必出と言えるほど高い・・・など。各私立医学部の出題傾向が必ずあります。

ですので、最短での医学部合格を目指すのであれば、志望校の頻出分野・単元・問題形式を分析し、残りの期間、そこだけを集中的に勉強することが必要です。

極端に言えば、志望校の入試問題に出ない分野・単元は勉強する必要ありません。
ただでさえ、やるべきことが膨大にある医学部受験において、全科目・全分野を、くまなく勉強していては、いくら時間があっても足りないからです。

A) 志望する医学部の傾向を分析した上で、的確な対策ができている受験生
B) やみくもに時間ばかりかけている受験生

A、Bどちらが医学部合格に近づけるか、結果は言うまでもないと思います。

繰り返しになりますが、私立医学部受験において、最も大切なことは、志望する医学部の傾向に絞った対策をすることです。

医学部に届いてはいない受験生にとって最適な選択肢とは

これまでの内容をまとめると、医学部に届いていない受験生が合格するためには、

・完全1対1の指導
・志望校の傾向に絞った対策

の2つが重要になります。

そして、これらの条件を満たしているのが、私立医学部専門のプロ家庭教師です。

医学部メガスタディは、これまで18年以上に渡って医学部志望の受験生を指導してきました。
ですので、各医学部の傾向や特徴、それらを踏まえた対策は熟知しています。

また、家庭教師なので、当然、一人ひとりに合わせたマンツーマン指導ができます。
一人ひとりの学力状況・受験までの期間・志望校を踏まえて、「何から手をつけるべきか」という優先順位をつけた的確な指導をすることができます。

具体的には、私立医学部への合格のために、次のような指導を行います。

入試本番から逆算して、合格に向けた学習計画を立てます 苦手の原因を分析し、なるべく早く克服させます 完全1対1の指導で。ムダな勉強はさせません 志望する医学部の傾向に絞った、効率的な対策を行います 偏差値が届いていなくても、入試本番で合格点を取れるようにします

医学部メガスタディの家庭教師が行う私立医学部受験対策なら、必要最低限の勉強で、私立医学部への合格を目指すことができます。
医学部受験に少しでも不安のある方は勿論、なかなか成果が出ず悩まれている方は、ぜひ、私立医学部受験専門の「プロ家庭教師」に頼るという選択肢もご検討頂ければと思います。

医学部に合格するために、まずは資料をご請求ください

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

「こんなに頑張っているのに、なぜ伸びないのか」
「何をやっていいか分からない」
「もう無理なんじゃないか…」

といったお悩み・不安があれば、ぜひ医学部メガスタディにお声かけ頂ければと思います。

受験勉強を成功させるために必要なのは、能力だけではありません。 正しい受験勉強のやり方さえ身につけることができれば、結果は必ず変わります。

お電話での学習相談をご希望の方は、下記のフリーダイヤルより直接お問い合わせください。

ご縁があれば、ぜひ私立医学部合格を目指して一緒にがんばりましょう!

⇒医学部メガスタディへの学習相談、または資料請求を希望される方はこちら。
医学部メガスタディスタッフ一同
お問い合わせ資料請求
0120-542-600
トッププロ家庭教師による医学部科目別対策
医学部合格の喜びの声 化学の偏差値が10伸びました 物理の偏差値33から医学部合格
pagetop
夏の特別
合格体験記
首都圏唯一の私立医学部専門プロ家庭教師です!私選ばれる5つの理由とは?
プロ講師が語る「科目別対策」
高2生以下のための私立医学部・早期対策
「センター利用入試」の5つの基本知識
家庭教師の募集はこちら
長文英語対策スーパーSIM

(C)メガスタディ ALL Rights Reserved.