• HOME
  • >
  • 私立医学部受験「センター利用入試」の5つの基本知識 > 獨協医科大学医学部

獨協医科大学医学部
センター試験利用入試

このページでは、私立医学部受験を目指す方の中で、センター試験利用入試を考えている方のために、その特徴や注意点についてまとめています。
近年、私立医学部でもセンター試験利用入試を実施する大学が増えてきました。しかし、大学ごとに「試験区分」や「受験できる科目」、「科目ごとの配点」などが異なります。こういった大学ごとの違いが分からないという医学部志望生も多いかもしれません。
このページには、センター利用入試(獨協医科大学)について参考になる情報が載っています。ぜひお読みください。

獨協医科大のセンター試験利用入試

試験区分 募集人数 試験科目 配点
センター利用 20名 ※英語、数学ⅠA、数学ⅡB
化学Ⅰ、生物Ⅰ、物理Ⅰ
英:200 ⅠA:100 ⅡB:100
理①:100 理②:100
※黒字は必須科目、赤字から2科目選択
<備考>

・英語はリスニングも含む

獨協医科大の2次試験

内容 時間 備考
小論文 90分 ※200字
600字
面接 10分 面接官:受験生 3:1
※小論文は2題出題されます

獨協医科大 センター試験利用入試を利用する際の注意点

私立医学部受験生でもセンター利用しやすい

獨協医科大のセンター試験利用入試は、3教科5科目受験する必要があります。
一般的な私立医学部のセンター利用入試では、国語が必須科目のところが多いです。ですが、獨協医科大では、国語や社会などの文系科目は受験する必要がありません。
ですので、獨協医科大は、国公立医学部との併願だけでなく、私立医学部のみ受験する人も、センター利用しやすい大学と言えます。

一般入試を受けつつ、センター利用も狙える

獨協医科大を一般入試のみで受験するのか、センター試験利用入試も利用するのかによって、取るべき対策が大きく変わることはありません。
獨協医科大では、一般入試の科目も全てマーク形式の解答です。また、数学は、一般入試もセンター試験と同じような誘導形式の問題が出題されます。
もちろん、センター試験の対策も必要になりますが、一般入試と全く関係のない勉強をする必要はありません。
ですので、獨協医科大は他の私立医学部と比べると、センター利用を積極的に活用することができます。

志望校に沿った対策が必要

また、獨協医科大だけでなく、その他の私立医学部も受験するのであれば、それぞれの大学ごとにも取るべき対策も増えます。なぜならば、それぞれの私立医学部によって、傾向・特徴が大きく異なるからです。
つまり、獨協医科大を目指すのであれば、獨協医科大の科目別対策、獨協以外の志望校、受験パターンを決め、それぞれに向けた対策をしっかりと取ることが重要になります。

お問い合わせ資料請求
家庭教師紹介可能エリア
紹介可能エリア-東京
新宿区/ 中野区/ 千代田区/ <世田谷区/ 港区/ 文京区/ 豊島区/ 練馬区/ 目黒区/ 大田区/ 渋谷区/ 杉並区/ 品川区/ 中央区/ 板橋区/ 台東区/ 墨田区/ 江東区/ 北区/ 足立区/ 葛飾区/ 江戸川区/ 荒川区
23区以外の東京都
国立市/ 三鷹市/ 武蔵野市/ 西東京市/ 小金井市/ 小平市/ 調布市/ 町田市/ 狛江市/ 稲城市/ 多摩市/ 八王子市/ 等
紹介可能エリア-神奈川
横浜市
東部/ 西部/ 南部/ 北部
川崎市
その他の神奈川県
大和市/ 綾瀬市/ 相模原市/ 座間市/ 小田原市/ 厚木市/ 海老名市/ 藤沢市/ 逗子市/ 鎌倉市/ 葉山町/ 平塚市/等
紹介可能エリア-埼玉
所沢市/ さいたま市/ 入間市/ 狭山市/ 川越市/ 富士見市/ ふじみ野市/ 朝霞市/ 志木市/ 和光市/ 新座市/ 川口市/ 蕨市/ 戸田市/ 上尾市/ 草加市/ 等
紹介可能エリア-千葉
千葉市/ 市川市/ 船橋市/ 松戸市/ 野田市/
習志野市/ 柏市/ 我孫子市/ 浦安市/ 等
紹介可能エリア-茨城
取手市/ 守谷市/ つくば市/ つくばみらい市/等

※時期・条件によって紹介できない場合もあります。詳細はお問い合わせください。

pagetop
オンライン家庭教師
私大医学部 大学別対策
合格体験記
首都圏唯一の私立医学部専門プロ家庭教師です!私選ばれる5つの理由とは?
プロ講師が語る「科目別対策」
高2生以下のための私立医学部・早期対策
家庭教師の募集はこちら
長文英語対策スーパーSIM

(C)メガスタディ ALL Rights Reserved.