• HOME
  • >
  • 私立医学部の教科別入試対策-生物-

私立医学部・生物対策

私立医学部・生物対策

合格圏外から"医学部に受かる"生物対策とは?

医学部メガスディの「私立医学部・生物対策専門ページ」にお越し頂きありがとうございます。
ご存知ない方も多いのですが、メガスタディは、首都圏唯一の「私立医学部・専門プロ家庭教師」です。合格者の7割以上が合格圏外から医学部合格という実績を出しています。周りからは「医学部は厳しい」と思われていた受験生を、次々と受からせているのです。

このページでは、私立医学部受験の生物対策について解説しました。合格圏外からでも医学部に受かるためのポイントを詳しくお伝えしています。

苦手分野がある、暗記が不得意、どこから手をつけていいか分からない、実験問題で点数がとれない、生物の勉強のやり方が分からない

など、少しでも当てはまる方には、かなり参考になるはずです。

医学部・生物対策で、最低限知っておくべきこと

生物に限らず、私立医学部の入試問題は、大学ごとに傾向がかなり異なります。ですので、受験する医学部の入試傾向に即した対策をすることが重要です。

どの大学でも共通するのは、苦手分野を作らないことは合格の最低条件だということです。生物に出てくる用語は一通り覚える必要があります。
それから、新課程に移行していますが、私立医学部の入試傾向に関しては大きな変化はないでしょう。新課程への移行にとらわれず、全範囲を押さえる方が得策です。

ここからは、私立医学部受験の生物の特徴についてもう少し詳しく解説します。

ここでは、まず、「反応と調節」、「遺伝・変異」、「生殖と発生」について、それぞれ最低限抑えておくべきことをみてみましょう。

出題分野について

私立医学部全体での、分野別の出題比率は次の通りです。最も比率が高いのは「反応と調節」が約30%、次に「遺伝・変異」が20%、「生殖と発生」が16%、「細胞」が12%、「代謝」が11%、「生態系」が9%と続きます。特に、「反応と調節」、「遺伝・変異」、「生殖と発生」この3分野からの出題比率が高く、入試問題全体の50%以上を占めています。
ただし、大学ごとに各分野の出題比率や、出題形式、難易度などはかなり変わるので、それを踏まえた対策が必要です。

頻出分野の出題傾向について

■「反応と調節」
出題頻度が高いのは「神経系・筋肉」に関する問題です。慶應大では過去4年連続、東邦大、大阪医科大では5年連続出題されています。次によく出るのは「ホルモンと調節」です。東京医科大学、東京女子医科大学、金沢医科大学で過去5年、毎年出題されています。 その他の大学でも、この2分野は過去3年間頻出ですので、対策は必須です。

■「遺伝・変異」
出題頻度が高いのは「核酸とタンパク質合成」に関する問題、「ハーディ・ワインベルグの法則」を使った計算問題です。「遺伝」については比率を求める問題や、ここ数年は、病気と関連のある遺伝子を用いる内容を関連づけた出題、オペロンを扱う問題が増えてきています。

■「生殖と発生」
出題頻度が高いのは、「バイオテクノロジー」で、特に「クローン」、「組織培養」に関する問題が多いです。慶應大、埼玉医科大では「発生と器官形成」に関する問題が2006年から過去5年、毎年出題されています。 その一方で、昭和医大、帝京大、日大医学部では、過去3年この分野からは、全く出題されていませんす。
大学ごとに出題頻度に差がある分野なので、傾向をよく把握して、学習内容を取捨選択することが必要です。

出題形式について

出題形式も大学ごとにかなり異なります。東京女子医科大のように実験問題が重視される大学、昭和大のように穴埋め問題だけの大学、北里大のように理学部に近い入試問題の大学、東邦大のように小問で構成されている大学などさまざまです。ですので、志望校の出題形式を把握し、出題パターンに慣れておくことがとても重要です。

ポイントは、受験する医学部の傾向に合わせた対策

お分かり頂けたように、私立医学部の場合、同じ生物でも、頻出分野、出題形式、問題量などがかなり変わります。ですから、どの大学を受験するかで取るべき対策が大きく異なります。

逆に言うと、目指す医学部の入試傾向を分析し、その傾向に即した対策を行っていけば、私立医学部への合格率は格段に引き上げることができます

ですから、合格圏外から医学部に受かるには、入試傾向を把握することが不可決です。ですが、知らない情報があるために損をしている医学部受験生は少なくありません。

各大学の入試傾向と対策ポイントは下記に載せていますので、お時間があればぜひ参考にしてください。

各医大・医学部ごとの生物の入試傾向と対策ポイントはこちら

私立医学部・生物対策のプロを紹介しています

メガスタディには、医学部受験のトッププロが数多く在籍しています。私立医学部受験を専門にしているのは、首都圏ではメガスタディだけです。

現在、受験勉強の状況はいかがでしょうか?
もし、生物の対策で苦労している場合は、生物専門のプロ家庭教師に頼るのも一つの方法です。

講師イメージ

家庭教師は、予備校ではできない、完全マンツーマンの医学部対策ができます。一人ひとりに合わせたベストな対策で、医学部受験の結果を大きく変えることができます。

現時点で学力が届いていなくても、医学部に入ることは十分に可能です。
事実、医学部メガスタディの合格者の70%以上は、指導開始時の模試判定は合格圏外だった受験生です。

まずは資料をご請求ください

医学部メガスタディにご興味を持って頂いた方は、まずは私たちの詳しい資料をご請求ください。合格圏外からでも私立医学部に入れるノウハウや、詳しいシステム・授業料などを載せています。
また、お急ぎの方や学習相談を希望される方は、下記のフリーダイヤルより直接お電話下さい
私立医学部専門の教務スタッフがご対応させて頂きます。

医学部メガスタディ
スタッフ一同

お問い合わせ資料請求
家庭教師紹介可能エリア
紹介可能エリア-東京
新宿区/ 中野区/ 千代田区/ <世田谷区/ 港区/ 文京区/ 豊島区/ 練馬区/ 目黒区/ 大田区/ 渋谷区/ 杉並区/ 品川区/ 中央区/ 板橋区/ 台東区/ 墨田区/ 江東区/ 北区/ 足立区/ 葛飾区/ 江戸川区/ 荒川区
23区以外の東京都
国立市/ 三鷹市/ 武蔵野市/ 西東京市/ 小金井市/ 小平市/ 調布市/ 町田市/ 狛江市/ 稲城市/ 多摩市/ 八王子市/ 等
紹介可能エリア-神奈川
横浜市
東部/ 西部/ 南部/ 北部
川崎市
その他の神奈川県
大和市/ 綾瀬市/ 相模原市/ 座間市/ 小田原市/ 厚木市/ 海老名市/ 藤沢市/ 逗子市/ 鎌倉市/ 葉山町/ 平塚市/等
紹介可能エリア-埼玉
所沢市/ さいたま市/ 入間市/ 狭山市/ 川越市/ 富士見市/ ふじみ野市/ 朝霞市/ 志木市/ 和光市/ 新座市/ 川口市/ 蕨市/ 戸田市/ 上尾市/ 草加市/ 等
紹介可能エリア-千葉
千葉市/ 市川市/ 船橋市/ 松戸市/ 野田市/
習志野市/ 柏市/ 我孫子市/ 浦安市/ 等
紹介可能エリア-茨城
取手市/ 守谷市/ つくば市/ つくばみらい市/等

※時期・条件によって紹介できない場合もあります。詳細はお問い合わせください。

pagetop
オンライン家庭教師
私大医学部 大学別対策
合格体験記
首都圏唯一の私立医学部専門プロ家庭教師です!私選ばれる5つの理由とは?
プロ講師が語る「科目別対策」
高2生以下のための私立医学部・早期対策
「センター利用入試」の5つの基本知識
家庭教師の募集はこちら
長文英語対策スーパーSIM

(C)メガスタディ ALL Rights Reserved.