私立医学部受験専門メガスタディ

お問い合わせ・資料請求

私立医学部受験を目指す高2生以下の方へ

医学部入試・早期対策

医学部合格に
必要な勉強量は5000時間

医学部受験の勉強量は、一般論として、学校の授業以外で最低でも5000時間は必要と言われています。 仮に、これを1年間でこなす場合、1日に約14時間も勉強することになります。


そのため、医学部受験に向けた勉強を始めるのに、決して早すぎるということはありません。

勉強イメージ

私立医学部・受験対策
5つのポイント

では、具体的にどのように対策していけばいいでしょうか。
次の5つのポイントを意識しながら、勉強を進めていきましょう。

① 徹底的な基礎固め

「医学部受験が難関」であることと「入試問題が難しい」ことは、イコールではありません。

徹底的な基礎固め

例えば、順天医学部や杏林医学部では、センター試験レベルの問題を早く正確に解く力が求められています。応用問題が解けることよりも大事だと言って良いかも知れません。
ですので、なるべく早いうちから、とにかく徹底して基礎固めをすることが重要です。

② 苦手科目・苦手分野をなくす

苦手科目・苦手分野をなくす

「得意科目の点数はとれたのに、苦手科目のせいで合格を逃した」というケースはとても多いです。


苦手科目・分野がある時点で、医学部合格の可能性はかなり低くなります。 特に、英語・数学は積み重ねの科目なので、早めに解消することが必要です。

③ 「復習」「反復」の徹底

授業を受けて「理解する」ことと、実際に自分で「解ける」ことは違います。予備校で結果の出ない受験生の多くが、この落とし穴にはまっています。

入試で使える力を身につけるには、「復習」と定期的な「反復演習」が重要です。「いつ」「どの問題を」「どのくらい」復習するのかまで、計画的に取り組む必要があります。

④ 自宅学習の習慣化

そもそも、塾・予備校では、周りも同じだけ勉強しています。そのため、差がつくのは自宅での勉強です。

どれだけ時間を確保して、どれだけ効率よく勉強できるかが鍵になります。早い段階から、自宅学習のクセをつけましょう。

⑤ 大学ごとの傾向に合わせて対策する

最も重要なのが、それぞれの大学に合わせた対策です。なぜなら、私立医学部の場合、傾向や特徴が全く異なるからです。


例)慶應・慈恵・順天 英語の比較

慶應
医学部
かなり長めの長文読解が主体。時間の余裕はなく、問題の難度も高い。
語彙・読解力・記述力など、総合的に高いレベルが要求される。
慈恵
医科大
長文読解問題は少なく、全体の3分の2以上は語彙・文法からの出題。
かなりマニアックな語彙も出る。非常にクセのある問題が多い。
順天
医学部
オーソドックスな問題がほとんど。合否を分けるのは英作文。
字数制限はないが、25行ほど書かなければならず、最も差がつきやすい。

このように、偏差値が同程度の難関私立医学部でも、傾向・特徴は全く異なります。
そのため、とるべき対策も当然変わってきます。

このような5つのポイントを踏まえて対策をすることが重要です。


私立医学部専門・プロ家庭教師が
ポイントを絞って、効率的に対策を行います

ただ、これだけのポイントを意識しながら、一人で対策することは難しいです。


闇雲に勉強を頑張るだけでは、いくら時間が合っても足りません。


当会の家庭教師では、必要であればどこまでもさかのぼって基礎から指導します。


医学部合格のために必要な5000時間を、一切無駄にすることはありません。


医学部メガスタディの
プロ家庭教師ができること

  • 徹底的に基礎固めをします
  • 苦手科目を解消します
  • 自宅学習でやるべきことを
    具体的に指示します
  • 志望校の傾向を踏まえた対策をします
  • 私立医学部専門のプロ家庭教師
    が指導します

医学部を目指している方、
私たちにお悩みをお聞かせください。

家庭教師の医学部メガスタディでは、私大医学部に本気で合格したい受験生の方1人1人と、無料の学習相談を行っています。


例えば、次のようなご質問はありませんか?

  • 自分の現状でも合格できるの?
  • いまの学習環境で大丈夫か聞いてほしい!
  • 家庭教師はどのくらい料金がかかるの?
  • 成績が伸び悩んでいるのはなぜ?
  • 予備校と並行して家庭教師をつけたほうがいい?
  • 自分に合った先生はいる?選べる?
  • 特定の科目だけ見てもらえる?
  • 再受験でも大丈夫?

このようなご相談を、受験生の方、また保護者の方から、お電話でよくいただいております。


下記のフリーダイアルより、お気軽にお問い合わせください。


医学部メガスタディが、私大医学部に本気で合格したい方を応援します。


家庭教師メガスタディスタッフ一同

0120-542-600
オンライン家庭教師