私立医学部受験専門メガスタディ

お問い合わせ・資料請求

私立医学部受験をご検討の方へ


勉強のやり方そのものを間違えていませんか?

「膨大な勉強量の中から、自分が本当にやるべき内容を取捨選択して欲しい」

毎年、多くの医学部受験生から、このような悩みを聞きます。

言うまでもなく、私大医学部受験は、数ある受験のなかで最も競争の厳しい受験です。

当然ですが、医学部受験では、やるべき内容を明確に絞って対策を絞って勉強しなければ、入試本番には間に合いません。

ですが、多くの受験生が、この事実を知りながらも、適切な対策をとることができていません。なぜでしょうか?


医学部受験で結果を出せる
正しい勉強方法とは

私大医学部受験では、大学ごとの入試傾向に絞った対策が必要です。

具体的に言うと、志望校の入試問題の中から、頻繁に出題される分野・単元・問題形式を特定し、そこを集中的に勉強するやり方です

私大医学部の出題傾向の違いについて、数学の実例を見てみましょう。

順天堂大の場合は、公式の証明問題が必ず出題されます。昭和大では、他大学ではほとんど出題されず、学校や予備校でもほとんど扱われない「確率と確率分布(数学C)」の問題が高頻度で出題されます。北里大・聖マリアンナ医大では、「行列」の出題頻度が必出と言えるほど高い・・・など。各私大医学部の出題傾向が必ずあります。

このように、出題傾向は大学によって大きく違うにもかかわらず、全範囲をくまなく、多くの時間をかけて勉強している受験生が非常に多いのです。


ひとりでは適切な対策が行えない理由

上記で説明した学校別の対策には、「専門性」が不可欠です。

言うまでもなく、私大医学部受験は、数ある受験のなかで最も競争の厳しい受験です。

そして、単に、大学ごとの入試傾向を把握しているだけでは効果がありません。

志望する医学部の入試問題で合格点以上を取るためには、「どこを優先的に対策するのか」「どの問題で時間を使わないようにするのか」などの判断はもちろん、何よりも「いつ・何を・どのようにするのか」までを考え、計画的に学習に取り組まなければなりません。


もう1つ、とても重要なこととは?


「もっと根本的なところから教えて欲しいのに」

こんな悩みを抱えてはいないでしょうか?

出題傾向を踏まえた勉強法とは?

多くの医学部受験生が「基礎の抜け」があるために、成績が伸び悩んでいます。

特にカリキュラムの決まっている予備校では、自分で基礎をふりかえらなければいけません。

つまり、大学ごとの傾向に絞った対策においても、必要があれば、どこまでもさかのぼって『基礎』からやり直す必要があります。

これは、多くの医学部受験生がつまづいている、重要なポイントです。


あなたの頑張りを、さらに有効な方向に
導けるか試してみませんか?

当会の「私立医学部受験専門プロ家庭教師」では、以下のような指導ができます。

医学部メガスタディができること

  • 残り期間で合格するための最適な計画を立てます
  • 必要であれば、どこまでもさかのぼって基礎を固めます
  • 苦手分野・単元を把握し、ピンポイントで対策します
  • 点数を稼げる得意科目をつくります
  • 志望校で出る内容に絞り、効率的に対策します
  • 実際の入試問題で使える応用力を身につけます
  • 志望校の入試問題で、合格点を取れるようにします

私大医学部を目指している方、ぜひ、私たちにお悩みをお聞かせください。

家庭教師の医学部メガスタディでは、私大医学部に本気で合格したい受験生の方1人1人と、無料の学習相談を行っています。

例えば、次のようなご質問はありませんか。

  • 「自分の現状でも合格できるの?」
  • 「今の学習環境で大丈夫か聞いてほしい」
  • 「家庭教師はどのくらい料金がかかるの?」
  • 「成績が伸び悩んでいるのはなぜ?」
  • 「予備校と並行してつけたほうがいい?」
  • 「自分に合った先生はいる?選べる?」
  • 「特定の科目だけ見てもらえる?」
  • 「相性が合わなかったら替えられる?」
  • 「再受験でも大丈夫?」

このようなご相談を、受験生の方、また保護者の方から、お電話でよくいただいております。

少しでも興味を持たれた方へ
まずは下記よりお気軽に無料の「資料請求」をして下さい。お得な情報も満載です。

下記のフリーダイアルより、お気軽にお問い合わせください。

医学部メガスタディが、私大医学部に本気で合格したい方を応援します。

家庭教師メガスタディスタッフ一同
0120-542-600
オンライン家庭教師