医学部家庭教師メガスタディ

お問い合わせ・資料請求

高校別ページ

私立医学部専門・プロ家庭教師

武蔵生の方へ
私立医学部に合格させます!

武蔵中・高のカリキュラム・定期テストに合わせた対策もできます。

このページは、私立医学部を目指す武蔵生のためのページです。

私立医学部を目指す武蔵中・高のご家庭で、お子さんの学習面でお困りの方にとっては、役に立つ情報がありますので、ぜひ参考にしてください。

武蔵高校 医学部合格実績

武蔵に通うご家庭の中には、「医学部を目指したい」という理由で、武蔵を選ばれた方も多いと思います。
以下の表は、武蔵高校の医学部合格実績です。

国公立
医学部
私立
医学部
2014年 9名 4名
2015年 - -
2016年 10名 2名
2017年 4(4)名 2(1)名

※()は現役合格数です。

このように、武蔵は医学部に高い合格実績を誇る学校の一つです。
毎年、他の私立高校と比べると、多くの医学部合格者を輩出しています。

医学部に入れるのは、上位の生徒だけ

武蔵は医学部合格者が多いですが、武蔵であっても5名程度しか合格できていないということです。 武蔵高校は1学年に120名いるので、おおよそ上位4%に入っていなければ医学部に合格できません。
また、上記の合格実績は、浪人生も含めた数になるので、実際にはさらにシビアになります。
武蔵から私立医学部に現役合格するには、学年5位以上の成績を取る必要があるのです。

現在、武蔵で上位5位以内の成績をとれている方は、そのままの勉強を続けていければ問題ありません。
ですが、届いていない場合、勉強のやり方そのものを変える必要があります。

武蔵生の医学部合格者の割合

武蔵生の医学部合格者の割合

武蔵の授業・定期テスト対策も必要

医学部を目指す場合でも、武蔵の授業・定期テスト対策は不可欠です。 どのようなレベルの問題を解くにしても、学校の授業レベルの内容を身につけることは必須だからです。

ただ、武蔵の授業は進度が早く、授業についていくのも大変です。 ですので、次のような武蔵の特徴を意識しながら、勉強を進める必要があります。

武蔵 英語対策

〈授業の特徴〉

1クラスを2分割した小人数制授業の
   実施

CALL (Computer-assisted language
   learning) を取り入れた、先進的な勉強
   法を採用

学年が上がるごとに段階を踏んでレベ
   ルアップしていく独自のカリキュラム
   を採用

・中1ではフォニックス(つづりと発音
   の関係)の学習
・中2では多読を実施
・中3ではコンピュータを利用した
   リスニング練習・英文作成技術の
   養成
・高校では高度な英文解釈・文法・
   英作文の学習

ネイティブ・スピーカーによる授業
   で、スピーチやディベートを実施

第二外国語の学習がカリキュラムに
   含まれる

・中3から週2時間、中国語・ドイツ
   語・フランス語・韓国朝鮮語の中か
   ら選択
・毎年、優秀な生徒が十数名選抜さ
   れ、約2か月間の短期留学を実施

〈定期テストのポイント〉

リスニング、発音、熟語、空欄補充問
   題、並び替え問題、英作文など、様々
   な種類の問題が出題される

高校のテストでは、「文脈から語句の
   意味を推測する」力も求められる

試験時間50分に対し、問題数が多い

私立医学部専門のプロ家庭教師が
武蔵生を合格に導きます!

私立医学部受験は、学校によって入試問題の傾向が大きく異なります。各医学部の傾向を熟知していなければ、効果的に対策で きません。
ですので、指導には高い専門性が必要になります。
また、受験対策と並行して、武蔵のカリキュラムにも対応できる指導が必要です。

私たち医学部メガスタディは、首都圏で唯一の「私立医学部専門」のプロ家庭教師です。 予備校トップレベルの講師から、1対1で指導を受けることができます。
具体的に、以下のような対策を行うことができます。

私立医学部専門・プロ家庭教師のできること

  • 私立医学部受験に必要な基礎力を徹底的に磨きます
  • 苦手科目・抜けている分野を集中的に穴埋めします
  • 志望する私立医学部の傾向に合わせた対策を行います
  • 武蔵のカリキュラム・定期テストに合わせた指導もできます

武蔵生の私立医学部対策

まずは資料をご請求下さい!

もし、少しでも家庭教師の医学部メガスタディにご興味がある・医学部に合格するための方法に興味があるという方は、まずは資料をご請求ください。
お急ぎの方は、下記のフリーダイヤルよりお電話ください。

⇒ 医学部に合格したい方は、まずは医学部メガスタディの資料をご請求ください。

合格先駆け


オンライン家庭教師