医学部家庭教師メガスタディ

お問い合わせ・資料請求

予備校と家庭教師の違いとは


「予備校」に向いている受験生と
「家庭教師」に向いている受験生との違いとは

どちらのタイプに当てはまるか、ご参考にしてください。

予備校に向いている

  • 集中力がある
  • 決められたペースに合わせられる
  • 全体の単元・分野を満遍なく網羅したい
  • 競争意識が高く、周りの影響を受けやすい
  • 志望校が明確に決まっていない

家庭教師教師に向いている

  • サボり癖がある
  • 自分のペースを乱されたくない
  • 苦手分野があり、対策ポイントがはっきりとしている
  • 競争意識はそこまで高くない
  • 志望校(医学部)が決まっており、それに絞った対策をして欲しい

当然ですが、家庭教師は予備校よりも、より専門的に、細かいニーズに合わせて対策ができます。

反対に、予備校では、全体の単元・分野を網羅的に学ぶことができる利点があります。

ですので、上記のような特徴に合わせて、予備校が良いのか、家庭教師が良いのかを判断しましょう。

もしも判断に迷った場合は、
私たちにお悩みをお聞かせください。

家庭教師の医学部メガスタディでは、私大医学部に本気で合格したい受験生の方1人1人と、無料の学習面談を行っています。

例えば、次のようなご質問はありませんか?

「自分の現状でも合格できる?」
「今の学習環境で大丈夫か聞いてほしい」
「家庭教師はどのくらい料金がかかるの?」
「成績が伸び悩んでいるのはなぜ?」
「予備校と並行してつけたほうがいい?」
「自分に合った先生はいる?選べる?」
「相性が合わなかったら替えられる?」
「特定の科目だけ見てもらえる?」
「再受験でも大丈夫?」

このようなご相談を、受験生の方、また保護者の方から、お電話でよくいただいております。
下記のフリーダイアルより、お気軽にお問い合わせください。


また、当会の家庭教師についてさらに詳しく知りたい方は、下記より無料の資料をご請求ください。2~3日以内にお届けいたします。

合格先駆け


オンライン家庭教師