医学部家庭教師メガスタディ

お問い合わせ・資料請求

杏林大学医学部

杏林大学医学部
プロが語る  成功のポイント

■杏林医学部の数学に特化した入試対策

当会で実際に杏林医学部に合格された、橋元さんへの指導を例にご説明します。

橋本さんが合格できたポイントは、杏林医学部の入試傾向に絞り込った対策にあります。

杏林の入試問題を解けるようにすることだけに専念した、と言い変えてもいいでしょう。

例えば、杏林医学部の数学は、センター試験のような典型的な問題がほとんどです。

ですので、応用問題よりも、「基本的な問題を早く正確に解くこと」「ケアレスミスをなくすこと」に集中しました。

また、頻出分野の「微積」「ベクトル」などの分野を中心に対策しました。


■杏林医学部の化学に特化した入試対策

杏林医学部の化学は、全分野から幅広く出題されていますが、化学量と化学式の出題はないのが特徴です。

ただし問題量は多いので、典型題の解答方法や考え方、時間短縮できる計算方法などを指導しました。

そうすることで、計算問題や有機化学の構造決定の問題などは、入試までの限られた時間のなかでも、繰り返し演習することで確実に得点できるようにしました。


■予備校とは全く異なる対策を行う

橋本さんは、予備校では東大・京大を想定した難問に時間をかけていました。

ですが、杏林医学部ではそういった難問はほとんど出題されません。

橋本さんが合格できたポイントは、杏林医学部の傾向に徹底的に絞った個別対策を行ったから、と言っても過言ではありません。


浪人生応援キャンペーン


オンライン家庭教師