医学部家庭教師メガスタディ

お問い合わせ・資料請求

獨協医科大学

獨協医科大学-入試傾向と対策ポイント-

獨協医科大学に
合格するためには

私立医学部の一般入試は、大学ごとに問題の傾向が全く異なります。
そのため、獨協医科大学に合格するためには、獨協医科大学の入試傾向の分析を行い、対策を行う必要があります。
ここでは、獨協医科大学の入試傾向と科目別の対策ポイントの一部をご紹介いたします。是非ご参考になさってください。

「授業の度に伸びていきました」
「手も足もでなかった、獨協の英語の長文読解が解けるように!」

獨協医科大学 合格
埼玉県入間市 J.T君のお母様

J.T君の体験談

医学部受験のプロが解説「成功のポイント」

医学部受験の"落とし穴"を避けて合格

J君の合格のポイントは、獨協医科大の入試傾向を分析し、合格点をクリアするための勉強に集中したことです。英語、化学、それぞれの科目の傾向に合わせて、対策を講じていきました。

まず、英語です。獨協医科大の入試英語の特徴は、いわゆる「超長文」です。
長文読解は、A4の問題用紙で4枚を超える分量があります。さらに、試験時間の割に、問題数も非常に多くなっています。
合格点をクリアするには、相当な量の英文を短時間で読みこなす力と、スピーディな解答力が求められます。ですので、次の対策を中心に勉強を進めていきました。

①難易度は標準レベルで、ボリュームの多い英文を素早く読解する訓練
②文法・語法は、問題を見たらすぐに解答が浮かぶようになるまで演習をこなす

化学の場合も同様に、入試傾向に即した対策を講じていきました。
獨協医科大の化学は、大半は医学部入試の定番問題ばかりです。レベル的には標準レベルの問題が大多数です。
ただし、問題数がかなり多く、計算問題も複数題出題されるため、試験本番は時間との戦いになります。問題の難易度がそれほど高くないため、合格ラインは高得点になるので、ケアレスミスは許されません。

これは英語も同じですが、医学部受験だからと言って、応用問題ばかりに取り組んでいると、肝心の獨協医科大の入試で合格点を取れるようにはならないということです。
ここは、医学部受験の落とし穴と言えるポイントです。受験する医学部ごとに入試傾向はバラバラなので、やるべきことは全く異なるということを、十分に心得ておいてください。

医学部メガスタデイによる

に必要な基礎・苦手科目を解消します。

専門のプロ家庭教師が、あなたの学力・性格に合わせた指導を行います。

入試本番に間に合うよう、効率の良い学習計画を立てます。

出題されやすいところに絞り込んで、の専門対策を行います。

合格圏外からでも、入試本番で点が取れるノウハウを教えます。

私た医学部ちメガスタディでは、20年以上、私立医学部受験に専門特化し、各校それぞれの「合格する方法」を追求してきました。の専門対策なら私たち医学部メガスタディにお任せ下さい!

浪人生応援キャンペーン


オンライン家庭教師