私立医学部受験専門メガスタディ

お問い合わせ・資料請求

大手予備校との違い

このページでは、「予備校」と「家庭教師」の違いについてお伝えします。「予備校」と「家庭教師」を適切に比較し、ベストな選択をするための参考として下さい。

「予備校」
「家庭教師それぞれの特徴」

医学部を目指す方は、「予備校」や「家庭教師」の指導を受けるのが一般的です。
ですが、どちらが自分(お子さん)に合っているのかを考えずに選んでいる方は、少なくありません。

当たり前のことですが、「予備校」、「家庭教師」には、それぞれ特徴があります。
ですので、それぞれの特徴を理解した上で、最適な選択をすることが重要です。
そこで、「予備校」「家庭教師」の特徴についてまとめました。

予備校の特徴

  • 基本は集団指導
  • 周りの生徒と競争できる
  • 決まったカリキュラム通りに授業が進む
  • 基礎的なことができている前提でハイレベルな演習を行う
  • 生徒が多く、質問しにくい場合もある
  • 家庭学習は、基本的に生徒に任される

家庭教師の特徴

  • 1対1のマンツーマン指導
  • 自分のペースでできる
  • 一人ひとりに合わせてオーダーメイドカリキュラムを作成
  • 苦手分野を集中的に対策できる
  • 質問はその場でできる
  • 家庭学習の管理を家庭教師が行う

このように、予備校が向いているのは、「基礎的なことができている」「勉強のやり方が分かっている」「医学部(志望校)におおよそ届いている」受験生です。
反対に、家庭教師が向いているのは、「基礎的なことができていない」「勉強のやり方が分からない」「医学部(志望校)に届いていない」という受験生です。
こうした方は、集団授業で周りと同じ指導を受けていては、遅れを穴埋めできません。また、予備校の講座を受けても、消化不良に陥りがちです。
ですので、自分のレベルに合った指導をしてくれる、家庭教師の方が伸びやすいです。

家庭教師の利用法

このように、「予備校」と「家庭教師」どちらが自分に合うのかを踏まえて、検討する必要があります。
家庭教師を利用する場合、以下のように利用する方が多いです。

医学部受験生の家庭教師の利用法

  • 予備校に通いながら、苦手科目だけ家庭教師で対策する
  • 予備校から、家庭教師に切り替えて医学部を目指す
  • 最初から、家庭教師だけで医学部を目指す

このように、家庭教師の指導だけ受ける方もいれば、予備校に通いながら家庭教師の指導を受ける方もいます。
予備校に通いつつ家庭教師の指導も受けることで、それぞれの特徴を活かした入試対策を行うことができます。

ご自身(お子さん)の状況によって、どのように利用するのが最適なのかを検討することが大切です。

医学部受験の場合、「専門性」が最も重要

ただ、家庭教師であれば誰でもいいわけではありません。
医学部受験は、大学受験の中で最も競争が厳しい受験です。
他学部と比べると、難度が高いのは言うまでもなく、倍率も相当高くなります。理数科目に関しても、内容はかなり専門的です。

ですので、指導する側にも、高い専門性が求められます。
医学部メガスタディは、首都圏で唯一の「私立医学部専門・プロ家庭教師」です。

医学部に高い合格実績を持つ、首都圏でトップレベルのプロ家庭教師をご紹介することができます。
これまでも、初めは合格圏外にいた生徒さんを、数多く医学部に合格させてきました。

2014年医学部合格実績一部掲載

「偏差値50台から医学部合格!」
「S先生は『救世主』でした」

埼玉医科大学
東海大学医学部(一次) 合格

東京都新宿区 N.Aさん

「偏差値50台から医学部合格!」「S先生は『救世主』でした」

「どん底から日大医学部に合格!」
「感謝の気持ちでいっぱいです」

日本大学医学部 合格

埼玉県さいたま市 Y.Fさん

「どん底から日大医学部に合格!」「感謝の気持ちでいっぱいです」

家庭教師をご検討の方は、
まずは医学部メガスタディをご検討ください

このように、医学部メガスタディには、数多くの受験生を合格に導いてきた実績があります。 ですので、

  • 「勉強のやり方が分からない」
  • 「予備校で成果が出ていない」
  • 「家庭教師をつけているけど、医学部に詳しくない」

という方は、まずは、今の勉強法が正しいかどうか、ぜひ見直してください。
そして、医学部メガスタディをご検討いただければと思います。

医学部メガスタディにご興味のある方は、まずは資料をご請求ください。 お急ぎの方は、フリーダイヤルからお問い合わせください。

0120-542-600
オンライン家庭教師